トップページ > 倉庫・工場を探す > 失敗しない倉庫・工場選び

失敗しない倉庫・工場選び

倉庫・工場の移転計画

倉庫・工場移転や新規契約は、事前にしっかりとした計画が必要です。
現状の問題点や不満点を明確にすることで、今後選ぶべき物件の必要条件を確認することができます。

1.移転の理由をリストアップ

移転理由をリストアップし、移転先物件で希望する優先度を決めましょう。

  • 契約面積や敷地面積の問題(広い・狭い・天井の高さなど)
  • 車両搬入・搬出や道路付の問題
  • 賃料・更新料の問題
  • 近隣からの騒音・駐車などのクレーム

2.移転スケジュール

移転先の希望や要望が明確になったら、実際に移転完了までのスケジュールの流れを把握しましょう。
新しい倉庫・工場でのスタート日に目安をつけることで、現状取り組まなければいけないことや動きが
分かりやすくなります。大まかには、以下のような流れになります。

新倉庫・新工場物件探し

物件の決定・契約手続き

入居中の倉庫・工場解約予告手続き

新倉庫・工場へ移転完了・営業開始



3.物件選び

お客様の業務形態や営業内容、取扱荷物の種類及び荷姿によって使用目的にあった倉庫・工場を探します。
倉庫・工場には、様々な形態があり、それぞれにメリット・デメリットがありますので、使用目的や用途に
合った倉庫・工場を選ぶことが重要です。

倉庫・工場の形態

・平屋倉庫 ・多層階倉庫 ・自走式(マルチタイプ)
・低床式    ・高床式

使用用途 業務内容、事務所の有無、駐車場の有無、間口の広さ、天井高、電気容量、
シャッターの種類、外壁の種類、建物構造及び接道の種類・広さなど
立地条件 高速道路のインター、主要幹線道路のアクセスや最寄駅からの所要時間、
従業員の通勤費や駐車場、用途地域、住宅街との距離(クレーム等の回避)
面積 作業や機器スペース、保管の形態、倉庫内常駐の使用車両の台数などから
必要な建物面積、天井の高さ、敷地面積(ヤード)を割り出す
予算・コスト 保証金、賃料、礼金・更新料・敷金償却、管理費、工事費、移転費用等の
初期費用とランニングコスト予算を検討
移転時期 入居中物件の解約予告期間と、移転後の開業スケジュールを調整。
新倉庫・工場の入居可能日をチェック。

物件探しのポイント

移転計画が決まりましたら、実際に物件探しをはじめましょう。
倉庫・工場の物件探しにはいくつかポイントがありますので、以下を参考にしてください。

倉庫・工場の使用目的と物件は合っているか?

用途地域によっては、使用目的の制限がある場合もあります。
事前に業種や使用目的が可能な地域や物件であるか確認しましょう。

出入りする車両の大きさや種類は?

搬入・搬出の際に使用する車両が問題なく通行できる幅の前面道路が必要です。
また、車両進入路に規制などがないか確認する必要があります。

荷物の大きさや量によって天井高が変わる?

取扱いや保管する荷物・物品の大きさや機械の大きさを事前に計算しましょう。
契約後に、荷物や機械の搬入に天井高が足りない!という事態を回避するために、
天井高や梁の有無を確認しましょう。

床荷重はどのくらい必要?

どの程度の重さの荷物や機械を配置できるのかは、倉庫・工場の構造により違います。
重量物の保管や搬入が予想される場合は、事前に貸主に確認しましょう。

温度管理や物件内の環境は?

精密機器や商品の保管・品質管理など、物件内の環境も重要チェック項目です。
大事な商品や機械のトラブルを防ぐために、温度や湿度・埃なども事前に確認しましょう。

広さや作業スペースは十分か?

機械や作業台の配置だけではなく、搬入・搬出する荷物やパレット・ケースのスペースや、
フォークリフトなどが出入りする場合などを想定して広さスペースを確保しましょう。

室内の明るさや照明は?

物件内が暗すぎると肝心の作業に支障が出てしまう恐れがあります。
室内の明るさも事前に確認しましょう。

▲ページ先頭へ戻る


お客様のご希望のエリア・要望や物件探しの相談などご連絡ください。
専任スタッフがお客様に合ったプランをご提案します。


専任スタッフがお客様のご要望を
お伺い致します。ぜひお問い合わせ下さい。
06-6941-3400

こだわり物件特集
今月の特選物件特集

特選物件はありません。

お気に入り物件リスト
  • OFFICE PLANNER パートナー
  • ご契約の流れ
  • 倉庫・工場移転マニュアル
  • 失敗しない倉庫選び
  • 倉庫・工場移転の用語集
  • よくある質問
  • 採用情報
  • 社長ブログ
  • Facebook
更新情報